カードローンとキャッシングの違い

MENU

カードローンとキャッシングの違いって何?

カードローンもキャッシングもお金を借りるという点やコンビニのATMからも融資してもらえるという点では同じなのですが、違っている点も幾つかあります。一つ目としてカードローンとキャッシングでは、金利が違います。もちろん、利用する機関や業者によっても、若干金利が違っているのですが、基本的にキャッシングよりもカードローンのほうが金利が安くなっています。

 

これは、カードローンというのは銀行などの金融機関から融資をしてもらっているため、金利もそれだけ下がりやすいのです。反対に、キャッシングというのは、消費者金融やクレジットカードからお金を借りるため、金利が高くなりやすいのです。またカードローンとキャッシングでは、返済手段も違っています。

 

キャッシングの場合は、分割払いでも、一括払いでも返済できることが多いのですが、カードローンの場合、一括払いに対応をしていない、つまり分割払いでしか返済できないケースが多いです。これも金利に違いが生まれている原因の一つだと考えられます。カードローンだと、分割払いが前提になっているので、長期にわたって返済することになるため、金利が低くても、融資をした側としても利益になります。

 

ですが、キャッシングの場合、短期間で完済することも可能になっているため、金利を高めにして、利益を確保しようとしているのです。この違いから考えて、少額のお金を借りるのであればキャッシングを、長期間少しずつ返済をしていくのであれば、カードローンを利用したほうが、借りる側の負担も軽くなるでしょう。